イナカラ

大鹿村・中村農園の青いケシ

大鹿村・標高1,500mの大池高原にある中村農園で青いケシの開花が始まりました。
この青いケシ、「メコノプシス・グランディス」はヒマラヤやチベットなど標高5,000m級の高地で生育する高山植物。
中村農園さんでは、1994年から栽培に取り組み、現在では20アールに5,000株までに増えているそう。
c0187138_16355524.jpg
澄んだ美しい青!
この色は「ヒマラヤンブルー」と呼ばれているとか。
c0187138_16354749.jpg
小雨が降っていたけど、そのしずくさえも美しく見えます。
この日は開園初日ということもあって、咲いているのはまだ30株ほどだとおっしゃっていたけど
逆に、ひとつひとつの花をじっくり見ることができたので、充分満足でした。
(一面の青いケシも見てみたいですが!)
c0187138_1636293.jpg
株によって、背丈も花の色もまちまち。
薄い青、濃い青、紫がかっている青…そんな個性を見るのも楽しい。
c0187138_16361172.jpg
中村農園さんでは、青いケシの他にも様々な花を鑑賞することができます。
つぼみが多かったので、これから色とりどりの花たちが見頃を迎えることでしょう。


※農園の方に許可をいただいて撮影しています。
※6月中はかなり渋滞するとのこと。
※交通規制や迂回路もあるようですので、事前に調べてからのほうが良さそうです。
村内通行規制箇所一覧
※村内のガソリンスタンドは日曜休業らしいです。ご注意ください。

中村農園
長野県下伊那郡大鹿村2153
TEL:0265-39-2372
開園時間:AM8:00〜PM5:0
入園料:500円
道案内図

【関連】
長野県 大鹿村 観光協会
ブルー・ポピーの庭と皿ソバを愛でる小旅行(いいJAん!信州 長野県のおいしい食べ方)
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-06-02 16:42 | 植物