イナカラ

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サボテン三兄弟

ホームセンターで売っていた、小さなポットの小さなサボテン。
1つだけだと淋しそうなので、3つ連れて帰ってきた。
殺風景な仕事場に、少しだけ血が通った気がした。
c0187138_22371037.jpg

[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-27 22:30 | 日記

ココイチのスプーンが当たった

新しい仕事場の1階はココイチとラーメン屋。
先日、ちょっと遅めのお昼ごはんでココイチへ。
ちょうど期間限定メニュー「グランド・マザー・カレー」のキャンペーン中。
注文したら1枚スピードくじが引けるのだが、それが見事当たり!
c0187138_2048830.jpg

当たりが出たらその場で「オリジナルイヤースプーン2009」プレゼントとのことで
お客のまばらな店内で、静かに「おめでとうございます」と言われ、手渡されたのがこのスプーン。
カレーハウスCoCo壱番屋とモノ・マガジンがダッグを組んで、とことんカレーの食べやすさにこだわった LUCKY WOOD製2009年版ココイチオリジナルイヤースプーン
らしい。
ココイチがイヤースプーンを毎年出していたのは知らなかったけど、これは是非ともこのスプーンでカレーを食べたい。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-27 20:58 | 日記

「萬里」のローメン

伊那名物のひとつ「ローメン」。
先日、ローメン発祥の店といわれる「萬里」へ。
ローメンは汁なし(焼きそば風)と汁あり(スープ風)の大きく2種類があり、
蒸した麺とマトンを使用しているのが特徴とのこと。
「萬里」のローメンは“汁あり”タイプで、
マトンを使用するのは、羊毛生産のため盛んに飼育されていた牧羊に伴う副産物というのがルーツ。

c0187138_21213589.jpg

↑ローメン
食べ方にもルールが。
まず最初にソース・酢をまわしかけて食し、その後おろしニンニク、七味、ごま油などをお好みで。
自分好みの味付けをするのが、ローメンの食べ方。

c0187138_2122246.jpg

↑レバ刺し
プリプリと新鮮。そしてこの量。

「萬里」ではローメンの他、
馬刺し(これも信州名物)、鹿やダチョウの刺身、サホーク(羊)のたたきなどのメニューもあり、
店内には
・虎のペニスとコウ丸漬け
・マムシ・ニンニク・すずめ蜂漬け
・コブラと肝臓漬け
・アルマジロ生命力酎
・冬虫夏草酎
などなどの焼酎漬けが並んでいます。(もちろん、どれも注文できます。)
いろいろと気になるメニューはありましたが、
今回は2人で行ったので、注文しても食べきれないと判断し断念。

■中国風菜館 萬里(ばんり)
長野県伊那市伊那坂下入舟町3308
0265-72-3347
※専用駐車場はないが、近くにコインパーキング有り。

【関連】
ローメン(Wikipedia)
ローメンズクラブ
イメージキャラクターは「ウマカロー」。
伊那谷名物 ローメン写真館(゜+.(・∀・)゜+.゜ 桜ん坊の脳内開示情報ー!)
ローメンの真実(デイリーポータルZ)
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-26 21:40 | 食べ物

ドイツのチョコレート「Storz」 kawaii

キノコ型のチョコレートといえば、真っ先に思いつくのは「きのこの山」カファレルの「きのこポット」だけど、
ドイツのチョコレート「Storz」も忘れてはいけない!
このとぼけた表情がたまらないのだ。
c0187138_19314313.jpg

Storz Schokolade - The chocolate site of the web
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-10 19:37 | 食べ物

「まつくぼ」のソースカツ丼 oishii

家族5人+1人(義姉の彼氏)で、ソースカツ丼を食べに「まつくぼ」へ。
このあたりの地域では「カツ丼」のデフォルトは「ソースカツ丼」。
注文から20分程待って、やってきたカツ丼のカツは300g、その厚さ3cm。
なんせフタがきちんと閉まらない程の厚さなのだ。
じっくり揚げられたロースカツは、しっとりやわらかくジューシー。
前回はカツとの戦いに敗れたが、今回は勝利(完食)。
c0187138_0204126.jpg

ぜひ、この迫力を実際に感じていただきたい。

■まつくぼ
長野県上伊那郡辰野町大字伊那富羽場7831-7
0266-41-1729
営業:11:30〜14:00、17:30〜21:00
定休日:毎週月曜、第3火曜

駒ヶ根ソースかつ丼会
伊那ソースかつどん会
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-07 00:33 | 食べ物

大晦日と年越しイチゴ狩り

2008年大晦日、信州には「お年取り」と呼ばれる儀式がある。
「お年取り」とは、大晦日に「年取り魚(我が家では鮭の粕煮)」をはじめとするご馳走を並べ、家長が家族または親族全員に、一年の労をねぎらいつつ酒肴を振る舞うという習慣のことを言うのだそうだ。
数日前から餅をついたり煮豆などを仕込み、大晦日当日はせっせせっせと朝から夕食のご馳走を準備。
今年は鮭の粕煮をはじめ、けんちん汁、水炊き、塩いか、黒豆、きんぴらごぼう、刺身、野沢菜漬け(自家製)など。
神様や仏様にお供え物を上げたり下げたりしながら、
17時頃夕食を終え(早い!)、23時頃から年越し蕎麦をゆで始める。
(ちなみに、年越し蕎麦はお義母さんの手打ち。)
そして、蕎麦を食べ終わると、人々は初詣へ出かけるようだ。
いずれにしても静岡の実家では、まったくやることのなかった文化なので、とても興味深い。

長野へ引っ越して初めての年越しは、みはらしファームへの移動中、車の中で迎えた。
日本で一番早いという、元旦午前0時にスタートする「みはらしいちご園」でのイチゴ狩りが目的。
しかし、「お年取り」でたらふく食べたあとなので、それほどたくさんは食べられないけど。
「みはらしいちご園」のある「みはらしファーム」は標高が高いため、積雪もあり、寒い寒い。
イチゴを食べたあとは、同施設内の「みはらしの湯」の温泉でホカホカ。
これで元旦の朝、早起きしなくてもよければ最高なのだが…。
c0187138_2151650.jpg
「みはらしいちご園」のイチゴ。たぶん“紅ほっぺ”。その他、女峰や章姫(あきひめ)も。

みはらしファーム
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-01 21:57 | 日記

エゾアムプリン製造所の器

もう一昨年になる2007年の誕生日に、同僚たちが取り寄せてくれたエゾアムプリン製造所のプリン。
それは1個10人分(※)という大きな入れ物でやってきた。
食べたあとも大事に使えるところがいい。
外側は素朴な素焼き、内側はカラメルみたいなツヤツヤでおいしそう。
(もちろんプリンもしっかりしたお味でおいしかった!)
c0187138_20304558.jpg
※2008年10月分から、8人分になったとのこと。

エゾアムプリン製造所
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-01 20:43 | 食べ物

電車広告

伊東に住む友達の家へ遊びに行く途中、乗った電車内の広告。
すべてこのシリーズ広告でジャックされていたんだけど
何の広告だったか、今となっては覚えていない。
写真の雰囲気がとても美しく、白いワンコがとてもかわいかったので
人目を気にしながら撮った記憶がある。
c0187138_19544270.jpg

[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-01 19:54 | 日記

プリン

わくわくする食べ物のひとつ、プリン。
これは、友達が伊東に住んでいた時に連れて行ってもらった、
イタリアンのお店で食べたプリン。
お皿の上にできたカラメルの海に浮かぶプリン島。
c0187138_194482.jpg

たいがい、生クリームが添えられている時点でわくわく度が三割増。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-01-01 19:06 | 食べ物