イナカラ

<   2009年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

シバザクラ sanpo

伊那市小沢地区の住民有志“小沢花の会”が
休耕田を利用して設けた花公園で「芝桜まつり」を開催中。
残雪の南アルプスを背景に、ビビッドなピンクが遠くからでも良く映えている。
植えられているシバザクラは全部で7色あるとか。そんなに種類があったんだね。
c0187138_177591.jpg
富士山の1000分の1という花富士。
c0187138_1771319.jpg
南アルプスを模して植えられたシバザクラが、水面に映る姿もいとをかし。

当日は観光バスでいくつかの団体さんも見受けられました。
不満を漏らしていらっしゃる方々もおられましたが、
公共の施設ではない、地元農家の方々によるイベントですので、
目の前に広がる景色のように広い心で楽しまれたらよろしいかと思います。

なお、5/3(日)〜5(火)は夜間ライトアップもされるようなので
それもさぞかし美しいことでしょう。

■小沢花の会 花公園
長野県伊那市小沢区 広域農道沿い
中央道伊那ICから車で5分

地図はこちら
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-30 17:17 | 日記

箕輪町 萱野高原

4月26日に山開きした萱野高原。
こんな天気いいの日に部屋の中にいてはもったいない!とランチ(ココイチだけど)を持って行ってみた。
まだ少し風は冷たいものの、標高1,200mからの眺めは素晴らしかった。
c0187138_18315241.jpg
標高1,200mから箕輪町を見下ろした風景。
ちなみに、ウチは山の陰で見えませんでした。
c0187138_1832232.jpg
白樺の白い幹が新緑に映えてさわやか。
c0187138_1832970.jpg
たぶん、フデリンドウ(筆竜胆)。
小さくて、しかも山道ギリギリの所まで生えているので踏まれそうで心配だったけど、とてもかわいらしい花。
c0187138_18321747.jpg
シラネアオイ(白根葵)。
薄紫の可憐な花を咲かせはじめていたので、まだしばらく楽しめそう。

春の萱野高原はミズバショウ(水芭蕉)の群生で知られているそうですが、近年はニホンジカに食べられる被害が多いという。
この日、群生地まで行ってみたものの、時すでに遅し、花は終わり葉っぱだけでした。

また、高原にある「かやの山荘」には宿泊ができる他、バーベキュー施設やキャンプ場もあるのでアウトドアも楽しめる。

■萱野高原
中央道 伊那ICか伊北ICより約30分
伊那松島駅からタクシー約20分

信州かやの山荘(箕輪町ホームページ)
萱野高原(信州とっておき情報)

地図はこちら
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-29 18:49 | 日記

お茶元みはら胡蝶庵「とろける生大福」

信州安曇野のお茶屋である胡蝶庵さんの和風スイーツ「とろける生大福」シリーズ。
お茶屋さんだけあって、抹茶の生菓子(テレビや雑誌で多く取り上げられている)はもちろん美味しいですが
期間限定の「とろける桜生大福」がとても気に入りました。
c0187138_17155382.jpg
写真右下「とろける桜生大福」、写真左上「とろける黒豆生大福」。
「とろける桜生大福」の桜クリームには刻んだ塩漬けの桜葉が入っていて、想像以上に桜の風味が豊か!
「とろける黒豆生大福」は、見た目が真っ黒。大福の餅に竹炭を練り込んであるからだとか。
もちろんこれ以外の「とろける生大福」シリーズも、どれもハズレなしに美味しい。
我が家の近くでは単品で購入できるお店があるので、
ついつい買ってしまうのだった。ウマー。
(しかし、この写真では美味しさが伝わらないなー)

お茶元みはら胡蝶庵
抹茶スイーツの胡蝶庵:老舗お茶屋の銘茶と抹茶和スイーツのネットショップ
※「とろける生大福」シリーズは上記ネットショップで購入可能。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-29 17:34 | 食べ物

くるみころころ

くるみの形をした洋風最中。
中身は、くるみ餡かと思いきや、刻んだくるみのつぶつぶ入りのキャラメル風味ヌガー。
想像以上にクリーミーなヌガーと、香ばしいくるみがベストマッチ!
c0187138_20564476.jpg
8個入り。
ころころした形が、かわいい。
c0187138_2057960.jpg
大きさもちょうど、本物のくるみと同じくらいの一口サイズ。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-28 20:56 | 食べ物

麺場風麟「香魚とろみらーめん」

先日行ってきた“じゃげな”系の麺場風麟(ふうりん)。
魚介系のスープは、煮干しとかつお節でダシをとっているとか。
みそ系がオススメみたいだけど、あえて塩系の「香魚とろみらーめん」をチョイス。
c0187138_1983777.jpg
目新しいのはトマトが入っていることか。
スープ自体はかなりアッサリめ、濃いめが好きな人には物足りないかも。
あと、ネギの上に乗っている赤いものは、
少量でもスープにかなり影響(辛い)するのでちょっとずつ入れることをオススメします。

■麺場風麟(ふうりん)
TEL: 0265-77-0167
長野県上伊那郡南箕輪村
営業時間 11:00〜14:00, 17:00〜22:00(金土 〜23:00)
定休日:無休
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-28 19:27 | 食べ物

多肉植物

長野へ引っ越す際にいただいた多肉植物。
ちょっと日照不足で長く伸びすぎてしまったので、思い切ってカット苗にしてみました。
c0187138_120448.jpg
これは、カットしたところから出てきた新芽。
小さくてプリプリしてて、なんて愛おしいことか…。
そんなわけで現在、治療院の窓際はこの多肉植物の挿し木だらけになっています。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-28 12:02 | 植物

トキワマンサク

私の実家がある静岡県湖西市には「トキワマンサク」の北限群生地があり、
静岡県指定天然記念物に指定されています。
ちょうどこの時期、花の見頃を迎えていて、先日4月19日には「トキワマンサク祭り」も行われました。
この日は天候にも恵まれ、ハイキング日和。

「トキワマンサク(常磐万作)」は文字通り、常緑のマンサク科植物。
日本での自生は極めて限定的で、静岡県湖西市・三重県伊勢神宮・熊本県荒尾市のみとのこと。
その中でも湖西市の群生は日本最大規模で、さらに分布の北限という貴重な生育地。
c0187138_1642696.jpg
こんな風に群生しています。
c0187138_16421644.jpg
糸状の花弁をつけます。
イカシュウマイの周りに付いているアレに似てる。

「トキワマンサク祭り」の会場では、和太鼓ショーや甘酒&つきたて餅の無料配布などが行われ、
農産物やトキワマンサクの苗木販売も。
我が家にも数年前に植えたトキワマンサクの木があります。

地図はこちら
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-25 18:03 | 植物

ハンバーグ!

ハンバーグ、オムライス、エビフライ、クリームコロッケ。
洋食って、なんでこんなにわくわくするんですかね。
c0187138_16215981.jpg
帰省した折、豊橋の洋食屋さんにて。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-25 16:20 | 食べ物

明治製菓「Fran(フラン)」

パッケージの美しさに釣られて購入。
c0187138_2012082.jpg
写真だと分かりにくいけど、
全体的にキャンバスのようなエンボス加工、商品イラストと商品名の部分にニス印刷。
c0187138_20121022.jpg
パッケージデザインもさておき、
ビスケットの軸にコーティングされたチョコレートの厚さが
どこをかじっても均一なところに、日本製お菓子のクオリティの高さを感じたのであった。

明治製菓:Fran(フラン)
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-14 20:25 | 食べ物

待ちわびた、春

信州の厳しい冬を越え、はじめて迎える春。
待ちに待った春の陽気に、心なしか足取りも軽く、仕事場まで歩く。
c0187138_14554973.jpg
天竜川の土手に生える、土筆。
何年ぶりかに見る土筆に、ひとりで興奮。
その結果、どう見ても後ろの小さい土筆にピントが合っている。興奮しすぎだ。
しかし、“土(に生えている)筆”とは言い得て妙。今更ながら、先人のネーミングセンスに感心。
c0187138_14555865.jpg
オオイヌノフグリ。
春を代表するこの草花、水色の小さく可憐な花とは対照的に、
果実の形に由来した“犬の陰嚢(古語:ふぐり)”という名前を付けられてしまった不憫な子である。
しかし、別名「星の瞳」。ああ、助かった(何が)。

ちなみに、このオオイヌノフグリはヨーロッパからの外来種。
近縁の在来種イヌノフグリよりも花が大きいため、オオ-イヌノフグリとなった。
…ふぐりの大きさではないようだ。
そんなイヌノフグリも、現在ではこのオオイヌノフグリなどによって生育地を奪われ、絶滅危惧種だという。
そういうことを知るだけで、草を見る目も変わるのであった。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-13 15:22 | 日記