イナカラ

<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

きのこマイスター講座 Vol.02

9月16日(木)
場所:萱野高原 信州かやの山荘(長野県上伊那郡箕輪町)
主催:信州かやの山荘
会費:3,000円(昼食付)
初級編第2回目(全5回)
講義なし、実習(きのこ狩り)約1時間半、昼食後解散。

【課題】
・各自キノコ5種類採取し、名称をマスターする
・きのこ汁に入っているキノコの名称(5種)
c0187138_19544856.jpg
前日からの雨で心配していたお天気も、講座が始まる9時には止んでなんとかキノコ狩りに行ける状態に。
今年は気温の高い日が続いたため、9月中旬にも夏キノコが残っているという。
その夏キノコも終盤、秋キノコは出始めという状態で、めぼしいキノコには出会えず。
生えているのは、モリノカレバタケやツチカブリなど。
c0187138_19545172.jpg
たいした成果もなくキノコ狩りを終えて、山荘へ戻って他の場所へ行ったチームの成果を拝見。
なかなか立派なボリュームのキノコも、あるところにはあるんだなあ。
c0187138_19545355.jpg
チチタケ、タマゴタケ、ベニタケ系、イグチ系などなど。
同定や可食・非食の判断をするのには、かじったり舐めたりするのも大事だということで、イグチ系のキノコをかじらせてもらった。少しちぎって口に含み噛んでみると、苦味と辛味のような刺激を感じる。
チチタケやツチカブリのように乳のような汁が出るキノコには辛味を持つものが多いようで、
イグチ科の中にはその名もコショウイグチと呼ばれる辛いキノコもある。
チチタケもツチカブリも可食ではあるが、辛味を抜くためには処理に数日要するなど手がかかるため、このあたりでは好んで食べることはないという。逆に栃木県でチチタケは「チタケ」の名で親しまれ、「チタケうどん」などの料理で大変好まれている。とてもおいしいダシが出るのだそうだ。
件のコショウイグチは「胡椒」と付くだけあって、料理の辛味づけのために世界の広い地域で香辛料として使われている。
ちなみに、私がかじった辛いキノコは、名前を聞いたが忘れてしまった。
c0187138_19545629.jpg
今回、初めて目にしたのがこの「ツノシメジ」。
ツノシメジはとても頑丈なキノコで、ヒダ以外の部分にはささくれがあり、傘の部分は名前の通り角のようだ。
柄は硬くしっかりしている。
カラカサタケは傘を握っても崩れたりしないキノコ。そのため、別名「ニギリタケ」と呼ばれている。
カラカサタケによく似た「ドクカラカサ」もあるが、この傘を握って崩れる/崩れないという方法で見分けることができる。傘を握って崩れてしまうのが、ドクカラカサなので注意。
(写真のカラカサタケはすでに傘を握られた後で、いびつになってしまっているが…)
とても大きくなるキノコで、この写真のカラカサタケも柄の部分は30cmほどあっただろうか。
その柄の部分も食べられるが、傘の部分のみを食べることが多いようだ。
今回はこのカラカサタケを網焼きにしていただきます。
c0187138_1955056.jpg
そして、昼食。課題でもある、きのこ汁に入っているキノコの名称(5種)を考える。
しめじ(栽培)・舞茸(栽培)・アミタケ…。用意してもらったお椀には、その他に1種入っていたけど、それ以上はわからなかった。
答え合わせをしないまま昼食終了。結局、なんだったの…?

次回(第3回):10月7日(木) 中級講座 1

【関連】
これまでの「きのこマイスター講座」受講レポート
きのこマイスター講座 Vol.01(イナカラ)
きのこマイスター講座 Vol.02(イナカラ)
きのこマイスター講座 Vol.03(イナカラ)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ

その他、メモや雑感など。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-27 19:57 | キノコ

第2回 高遠ブックフェスティバル(その5:番外編)

第2回高遠ブックフェスティバルの最終日は朝から雨が降り続きました。
午前中は雷が轟くどしゃ降り。このまま今年のブックフェスは終わっていくのかと思いました。
夕方になり、雨が落ち着いてきたと思ったら、空一面が赤くなるほどの夕焼けが広がりました!
c0187138_17563168.jpg
これは、ガーデンテラス四季の杜から見た景色。
高遠の中心地では、ほおずき提灯と灯籠の明かりと共に夕焼けが辺りを赤く染めて、とても美しかったようです。
見ているうちに刻々と色が変化し、すぐに日が沈んで暗くなっていきました。
一瞬のことでしたが、第2回高遠ブックフェスティバルのフィナーレを飾る、すてきな出来事でした。


【関連】
高遠ブックフェスティバル
イナカラ:高遠ブックフェスティバル(昨年の様子なども。)
ガーデンテラス四季の杜

[空の写真] 朱色の谷(伊那市) - 2010/9/23(木)(゜+.(・∀・)゜+.゜ 桜ん坊の脳内開示情報ー!)
同じ日の、違う場所での夕焼け風景。まさに空が燃えているよう。

第2回 高遠ブックフェスティバル(その1:全体的なことなど)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その2:夜の町並み)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その3:食べ物)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その4:作品展)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その5:番外編)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-25 18:06 | 日記

箕輪町・上棚のそば畑

稲刈りの帰り、箕輪町の上棚(うえだな)地区を通ると、そこは天空のそば畑でした。
思わず車を降りてシャッターにおさめました。
c0187138_16593685.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-25 17:40 | 風景

稲刈り

9月18日・19日の2日間、稲刈りをしました。
数日前に降った雨で心配していた田んぼのコンディションですが、
多少のぬかるみがあるものの、なんとか水も引き、稲刈りができました。
当日のお天気は快晴!暑いほどの日差し…。ちょっと大変でした。
c0187138_17174826.jpg
昨年とほぼ同じスケジュールだったので、
高遠ブックフェスティバルの初日と2日目午前中は参加できず…。
とはいえ、どちらも1年かけて育ててきたもの、どちらも大事。
今年も美味しいお米がいただけそうです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-25 17:23 | 日記

第2回 高遠ブックフェスティバル(その4:作品展)

高遠ブックフェスティバルでの巡回展「きの子 - Mushroom meets girl -」が、無事終了しました。
ヤマウラさんのガーデンテラス四季の杜という素晴らしい会場で展示できたこと、とても感謝しています。
期間中、お越しいただいた多くのみなさま、本当にありがとうございました!
遠方から来てくださった方々、Twitterを見て来たくださった地元の方々、ありがとうございました!
特に、普段 Twitter でやり取りさせていただいている方々にお会いできたのは、本当にうれしかったです!
そして、今年7月に行なった銀座・ギャラリー巷房での展示とは違う環境・客層ということで、
お客さんの反応が気になっていましたが、概ね好評でホッと胸をなで下ろしました。
c0187138_10575975.jpg
作品自体は銀座での展示と同じもの(8点)です。
c0187138_10581243.jpg
福田武芳氏(写真)との共同作品も展示。
c0187138_10581688.jpg
福田武芳氏の作品展「Cambodian Taxi Driver」も同時開催しました。
c0187138_10582012.jpg
会場の奥では「Cambodian Taxi Driver」のフォトシネマムービーを上映。
c0187138_10582938.jpg
会場入り口では、「Cambodian Taxi Drive」映像作品DVDの販売に加え、
高遠ブックフェスティバルのイベント企画「I LOVE THIS BOOK」の特典として
「Cambodian Taxi Drive」DVDや「きの子 - Mushroom meets girl -」ポストカードが当たるくじ引きも。
c0187138_1251162.jpg
今回の展示に合わせて制作したポストカードは
「まりこ(ベニテングタケ)」「なつみ(冬虫夏草)」「えりか(キヌガサタケ)」の計3種類。
(ちなみに非木材紙(ケナフ)・ソイインク使用)
当選者には3種のうち1枚を選んでもらったんですが、「まりこ」が一番人気でした。
やはり、こういうイベントの特性上、わかりやすい作品が好まれるようです。
c0187138_17401082.jpg
↑今年も活躍したキノコテーブル&スツール。
やっぱり「わー!キノコ!」って言ってくれるのがいいね。良いアイキャッチになったと思う。
c0187138_1258399.jpg
↑そして、これが会場であるガーデンテラス四季の杜からの眺望。
高遠ブックフェスティバルの舞台となっている高遠町の中心地を一望できます。
この景色を見に来るだけでも価値はあると思います。

また、この会場では 旅人・写真家 須田誠氏の写真展
「NO TRAVEL NO LIFE オリジナルプリント展+」 JAPAN ツアー2010 高遠も開催されていました。
写真作品も、須田さんご本人も、とてもすてきでした!(ありがとうございました!)



次の巡回展は、いよいよ神戸・ギャラリーきのこさんにて。
こちらもまた、銀座・高遠とは違う環境・客層の会場。
どんなことになるのか、今から楽しみです。
お近くにいらした際には、ぜひお立ち寄りください。

「きの子 - Mushroom meets girl -」巡回展
■日程:2010/11/17(水)~ 12/5(日)
■時間:11:00~18:00
■場所:ギャラリーきのこ
(兵庫県神戸市灘区福住通4-2-17)
■定休:月・火曜日


【関連】
高遠ブックフェスティバル
イナカラ:高遠ブックフェスティバル(昨年の様子なども。)
ガーデンテラス四季の杜
Cambodian Taxi Driver
きの子 - Mushroom meets girl -(2010年7月 銀座・ギャラリー巷房)

第2回 高遠ブックフェスティバル(その1:全体的なことなど)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その2:夜の町並み)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その3:食べ物)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その4:作品展)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その5:番外編)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-25 10:59 | 日記

第2回 高遠ブックフェスティバル(その3:食べ物)

フェスは食べるのも楽しみのひとつですよね。
高遠ブックフェスティバル期間中に食べたものたち!
c0187138_19384444.jpg
本の家のお隣にある、そば・甘味処 壱刻さんの「高遠そば」。
蔵を改装されたとのことで、趣きのある店構えです。今度はぜひともあんみつを食べたい!
c0187138_19384761.jpg
ブックフェスに出店されていた、アジアの屋台sapaさんや煮込屋銀次郎さん。
屋外イベントだと、あったかい汁物がうれしい。もちろん、おいしい。
c0187138_19385169.jpg
細い路地を入っていった先にある、地元民に愛されている、ながせさん。
「いくらかけごはん」は、高遠ブックフェスティバルの企画「本のメニュー」に参加してもらったメニュー。
ブックフェス期間中、「本のメニュー」参加店では本にちなんだメニューを提供していただきました。
このながせさんのメニューは渡辺 淳一氏著「これを食べなきゃ わたしの食物史」に登場するイクラのエピソードから。
そして、こんな山の中でイクラなんて…と侮るなかれ!この輝きを見ればおわかりいただけるでしょう。
ながせさんといえば、忘れてはならないのがレバカツ。ごはんもお酒もすすみます!
うーん、また食べたくなってきたー。

(ちなみに、ながせさんのローメンが、私の中ではベスト☆ローメンです。)

【関連】
高遠ブックフェスティバル
イナカラ:高遠ブックフェスティバル(昨年の様子なども。)

第2回 高遠ブックフェスティバル(その1:全体的なことなど)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その2:夜の町並み)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その3:食べ物)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その4:作品展)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その5:番外編)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-24 20:48 | 日記

第2回 高遠ブックフェスティバル(その2:夜の町並み)

豊作と無病息災を感謝する鉾持神社の例祭「燈籠祭」と同時開催となった今年の高遠ブックフェスティバル
期間中の6日間は、日が落ちてくると各家々の前に飾られている ほおずき提灯と灯籠に明かりが灯りました。
c0187138_13583779.jpg
燈籠祭は毎年9月22日夕方から始まり、9月23日に山車・子ども御輿・高遠囃子が練り歩きます。
今回はブックフェス期間中の18日からほおずき提灯と灯籠が灯されました。
今年の本番当日(23日)は残念ながら雨が降り続き、子ども神輿と山車の練り歩きは中止になってしまいましたが、
日暮れ前に雨が上がり、夜には提灯と灯籠の明かりが中秋の名月と共に、高遠の町を照らしました。
c0187138_18114364.jpg
メインの商店街だけでなく、路地を入った通りにも飾られています。
地元の方々も、表に出て楽しんでいらっしゃいました。
ギャラリーみなと屋さんの前では、三味線を弾く方も。
歩く人は少なくなって静かだけど、町中がなんだかちょっとわくわくしたかんじ…。すごくいい。
c0187138_1358313.jpg
灯籠には言葉や絵がひとつひとつ手書きされ、同じものはありません。
描かれているものは達筆な書や絵から、子どもたちによる色とりどりの絵までさまざま。
かわいくて、美しい、すてきな灯籠ばかりでひとつひとつ見入ってしまいました。
c0187138_13582868.jpg
本の家の前にも、ほおずき提灯と灯籠が。
c0187138_18114787.jpg
↑しりあがり寿さんによる灯籠!2m程あります。
ブックフェス初日18日に行われた子どもたちとのワークショップで制作され、
当日の夜は明かりを灯して町を練り歩きました。(残念ながら私は見られませんでしたが…)

町全体が幻想的な明かりで灯された夜は、忘れられない光景の一つとなりました。


【関連】
高遠ブックフェスティバル
イナカラ:高遠ブックフェスティバル(昨年の様子なども。)

第2回 高遠ブックフェスティバル(その1:全体的なことなど)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その2:夜の町並み)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その3:食べ物)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その4:作品展)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その5:番外編)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-24 18:31 | 日記

第2回 高遠ブックフェスティバル(その1:全体的なことなど)

9月18日〜23日まで6日間にわたって開催された、第2回「高遠ブックフェスティバル」。
私は今回もスタッフと出展で参加。そして昨日、無事終了しました。
ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました!
c0187138_15183117.jpg
今回は6日間ということもあり、昨年のような混雑で慌てることも少なく、
ゆっくりとそれぞれの楽しみ方ができたんじゃないかなあと思っています。
それは、この「本の町プロジェクト」の目標とする“いつ訪れても本が楽しめる町”と近かったように感じます。
c0187138_15182459.jpg
昨年同様、町角には本棚が並び、行き交う人々が本棚の前で足を止めていました。
(立ち読み自由、購入も可能。本に値段がついているので、その金額を備え付けの箱に入れる。)
また、今年は町内にある鉾持神社の例祭「燈籠祭」に時期を合わせ、
ブックフェス期間中もほおずき提灯や灯籠が町を彩り、“フェスティバル”感に一役買っていました。
c0187138_15182996.jpg
趣きのある町並みに、本棚。この風景、私はすごく好きです。
今後もっと増やせるといいですね。
c0187138_1518276.jpg
最終日は雨に降られてしまったけれども、それ以外の5日間はブックフェス日和。
晴れの日は高遠の町を散策するのも本当に気持ちよかったし、
雨音を聞きながら行う朗読会やワークショップもまた、それはそれで良いもののように思います。
晴れの日もあれば雨の日もある。それが“本の町”の日常なのですから。
c0187138_15183394.jpg
今回も、スタッフ手作りの看板やポスターは大活躍。
そういえば、今回は町や展示の写真しか撮れなかったな。
スタッフとして参加して残念なのは、自分がいろんなイベントに参加できないってこと!(笑
c0187138_15183691.jpg
今まで歩いたことのなかった細い路地に入ると、↓こんなところにも本が。
改めて“本の町”であることを実感した風景でした。
c0187138_15183913.jpg
来てくださったみなさんが楽しんでもらえるのはもちろんうれしいけど、
町の人達が喜んでくださっていたのが、本当にうれしい。
地元の方々とお話をしていても笑顔で答えてくれたり、若い人達が歩いてるのがとてもいいと言ってくださったり…。
自分が関わっていることが、ちゃんと役に立っていることが実感できるのが、すごくうれしい。
そして、有志スタッフによる第1回から、地元のお祭りや商工会と共催になった第2回へと
イベント自体も理想としている方向へと着実に成長できていることは、トロさんや実行委員長・斉木さんのがんばりによるものなんだと思う。このガツガツしていない、ゆるいかんじも町に合っているし、そこにスタッフやお客さんも集まってきている。
ああ、本当に良いイベントだなあ。
来年はなにをしようか、今から来年が楽しみ!
みなさん、ありがとうございました!また高遠でお会いしましょう!

【関連】
高遠ブックフェスティバル
イナカラ:高遠ブックフェスティバル(昨年の様子なども。)

第2回 高遠ブックフェスティバル(その1:全体的なことなど)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その2:夜の町並み)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その3:食べ物)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その4:作品展)
第2回 高遠ブックフェスティバル(その5:番外編)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-24 15:47 | 日記

箕輪町・水車屋「信州辛味おろしそば」と「揚げそばがき」

箕輪町のベルシャインニシザワ前にあるお蕎麦屋・水車屋さんへ。
c0187138_1949246.jpg
白い細打ちのお蕎麦。外二八そばとのこと。
お店のおすすめという「信州辛味おろしそば」をいただくことに。
薬味には大量の辛味大根おろしと、刻みネギ、そして少量のお味噌がついてきます。
辛味大根+お味噌の組み合わせは、高遠そばの流れかしら。
お蕎麦自体は、時期的なものか、やや風味が弱いような。もうすぐ秋蕎麦の時期なので、またの楽しみに。
c0187138_19492717.jpg
揚げそばがき。
揚げたそばがきを、お好みで刻みネギ・生姜を溶いた天つゆでいただきます。
ふわふわで、生麩を連想させる弾力も少しあって、おいしい!
これは、つるっといくつでもいただけそう。

こっくりとした蕎麦湯を最後にいただいて、満足満足。

■水車家
〒399-4601 上伊那郡箕輪町大字中箕輪2931
TEL:0265-79-9841

【関連】
信州そば漫遊(そば店ガイド)-水車家(信濃毎日新聞社)
水車家(゜+.(・∀・)゜+.゜伊那市近辺の食事処めもー!)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-09 20:00 | 食べ物

箕輪町・まだまだ見頃「ヘブンリーブルー」。

箕輪町上古田地区の休耕田を利用して栽培されている西洋朝顔「ヘブンリーブルー」。
時期をずらして蒔かれているようで、8月上旬には見られなかった場所に青い花が広がっていました。
c0187138_14294458.jpg
ヘブンリーブルーは正確にはヒルガオなので、昼間でも花開いていますが
ここはご覧の通り、紫の朝顔も混ざっていますので、早朝に見に行ったほうが美しいかもしれません。
(この写真は9時半頃撮影)
9月に入って秋を感じることはあるものの、まだまだ暑い日々、ヘブンリーブルーも10月頃まで楽しめます。

【関連】
青いアサガオ「ヘブンリーブルー」(長野県伊那谷の田舎町 箕輪町の観光サイト もみじネット)
イナカラ : 青いアサガオ「ヘブンリーブルー」が咲き始めました。(2010年8月)
イナカラ : 青いアサガオ「ヘブンリーブルー」が満開!(2009年8月)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野 その他の街情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-09-09 14:33 | 植物