イナカラ

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【倉敷】水島コンビナート・蟲文庫

11月20日(土)-21日(日)
広島から倉敷まで移動して一泊。
明けて21日、その日の朝刊でダンナの恩師が近くに来ていることを知り、急遽場所探し。
その場所が偶然にも水島コンビナートの近くで、眺めることができた。
夜景はさぞかし美しいことだろう。
c0187138_20401614.jpg
その後、倉敷駅近くの美観地区に移動。
そして、今回の旅の目的の2つ目、かねてより行きたかった「蟲文庫」さんへ。
蟲文庫は、「苔とあるく」の著者・田中美穂さんが営んでいる古書店。美観地区エリアにあります。
田中さんとは、以前飯沢耕太郎氏とのトークイベントでお会いして以来。
久しぶりにお話させていただき、お茶までごちそうに。
そんな蟲文庫では「標準原色図鑑14 菌類(きのこ・かび)」(↓写真右下)を購入、連れて帰ってきました。
c0187138_2040208.jpg
美観地区は、倉敷川沿いの柳並木と白壁の屋敷など、美しく残されている江戸の風情が印象的。
このエリアには日本で初めて誕生した私立西洋近代美術館「大原美術館」や
江戸時代の米倉を改装した「倉敷考古館」、世界中の民芸品を集めた「倉敷民藝館」などの文化施設も集まっているが
今回は残念ながら時間がなく断念。
c0187138_20414686.jpg
そんな2時間余りの倉敷散策を終え、次の目的地・神戸へと移動するのであった。
<続く>

【関連】
蟲文庫
倉敷観光WEBサイト
[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-12-04 22:02

【広島】宮島・広島市現代美術館「きのこアート研究所」展

11月19日(金)-20日(土)
19日、仕事を終えてから23時半頃に長野を車で出発。
途中休憩を挟みつつ、約8時間後の20日朝8時頃に宮島着。
↓写真一番上は、宮島SAからの日の出。
c0187138_19192263.jpg
広島といったら、まずはかねてより行きたかった安芸の宮島、厳島神社へ。宮島口からフェリーで移動。
(朝だったので、Twitterで事前に教えてもらった“宮島渋滞”に巻き込まれることなく、スムーズに移動できました!)
朝の空気と光の加減で、文字通りとても厳かな雰囲気。
そして、ちょうど紅葉シーズン、もみじやイチョウが美しく色づいていました。
c0187138_19192464.jpg
2時間程散策し、お店がオープンしだす頃、まずは楽しみにしていた牡蠣!!!
焼き牡蠣・酢牡蠣・牡蠣丼・牡蠣フライなどを堪能して、
その中でも一番気に入ったのは「ぺったらぽったら(↑写真左下)」!!
外はカリッと香ばしく、中はもちもちに焼いたお餅の上に牡蠣が乗って、甘辛のタレがちょうどいい。
ああ、また食べたい…。

お腹も満足したところで、広島市現代美術館へ。
今回の旅の目的の1つ、現在開催中の「きのこアート研究所」展。
c0187138_19192888.jpg
ジョン・ケージ氏、草間彌生氏、金子司氏、大竹茂夫氏、黒田潔氏など名立たる作家さんと同じ会場に、
私の作品“Mushroom meets girl”も並べられています…!
会場入口には「キノコラウンジ」として、飯沢耕太郎氏所有のキノコ本と私のキノコグッズコレクションも展示されています。
展示直前にいろいろとアクシデントもあったけど、立派に展示していただいて感激。
興奮しすぎてあまり記憶がないという、なんて勿体無いことに…。
これだけのキノコアートが集まって入場無料。会場が近ければ、会期中何度も足を運びたいくらいでした。
これからお近くにいらっしゃる予定がある方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

そんな広島滞在は「きのこアート研究所」展の余韻を残しつつ、
この日の宿がある岡山県倉敷市へ移動するのであった。
<続く>


【関連】
きのこアート研究所展(オープン・プログラム)
■日程:2010/11/3(水・祝)〜2011/2/24(水)
■時間:10:00〜17:00
■場所:広島市現代美術館
■休館:月曜日
入場無料

※展示会場での撮影は禁止されていますので、お控えください。
(上記の写真は関係者ということで許可を得て撮影しています。)

[PR]
by toyoda_kinoko | 2010-12-03 20:09 | 日記