イナカラ

【キノコ公園】沖縄・まえはら児童公園

宜野湾市内のまえはら児童公園。
住宅街の細い道を入っていくと現れるこの公園、キノコシェルターが2つ。
c0187138_1910052.jpg
今回巡った沖縄本島のキノコ公園で一番多かった型のキノコシェルターである。
本州では見かけない型なので、おそらく地元業者によるものなのだろう。
c0187138_1910397.jpg
↑左の白いサイコロ型のものは、公衆トイレ。
c0187138_191087.jpg
サイコロトイレ横のキノコから公園入口方向を見たアングル。
写真右に見える青+白の三角定規が、この公園の入口。
この写真でいう左側には、沖縄特有のお墓がいくつかあったことと、
静かな住宅街のどこからともなく聞こえてきた女性の喘ぎ声が、心に残っている。
そんな思い出。

■まえはら児童公園
沖縄県宜野湾市真栄原1丁目15-18

全国キノコ公園マップ(GoogleMap)
キノコ公園、集めています。ご存じ方はご一報ください(・∀・)
[PR]
# by toyoda_kinoko | 2011-11-11 20:06 | キノコ公園

きのこアートグループ展「きのこ学級」

アートな「京都」のまちづくりとして活動している 京都アートカウンシルが主催し、
第10回目となるイベント「まなびや2011」。
廃校となった元・立誠小学校を舞台に開催される「まなびや2011」の共催企画として、
14名による きのこアートグループ展「きのこ学級」が開催(※本日最終日)。
私は昨年の作品「Mushroom meets girl」7作品を出展、雰囲気のある教室にキノコ女子高生たちが並びました。
c0187138_115426100.jpg
↑フェアリーリングの真ん中で、堀さんによるトークイベントも。
c0187138_11542915.jpg
毎日何かしらの変化がある、とても面白い空間となっていました。

長野から1人で車を飛ばして京都日帰り(往復約10時間、京都滞在3時間)という強行スケジュールでしたが、
個人的には、行きたかったところにも行くことができたし、
会いたかった方々に偶然にもお会いすることができ、とても充実した時間を過ごせました。
素晴らしい菌縁に感謝です。

■まなびや2011〜芸祭〜
日時:2011年11月2日(水)〜11月6日(日)
場所:元・立誠小学校 [地図]
京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2(木屋町蛸薬師下ル)
TEL: 075-212-6391
※「きのこ学級」は3階教室にて展示。
[PR]
# by toyoda_kinoko | 2011-11-06 13:35 | キノコ

【キノコ公園】沖縄・中央公園

那覇市内の「中央公園」。
立派な“タコの山”の隣に配置されているキノコシェルター。
タコの山とキノコシェルターが設置されている公園は他にもいくつかあるが、
それにしても素晴らしい組み合わせである。
c0187138_209272.jpg
キノコの柄(え)には、柄と同色のカタツムリつき。
c0187138_2092962.jpg
タコの山とキノコシェルターの、この距離感。
c0187138_2093160.jpg
テーブル部分が、幼菌が4本。
成菌と完全に一体になっているかとおもいきや、成菌の柄(え)との間に隙間が開いているというのもニクい。

■中央公園
沖縄県那覇市樋川1丁目15

全国キノコ公園マップ(GoogleMap)
キノコ公園、集めています。ご存じ方はご一報ください(・∀・)
[PR]
# by toyoda_kinoko | 2011-11-04 11:15 | キノコ公園

【キノコ公園】沖縄・ひまわり公園

10月末、社員旅行で沖縄へ行くっていうんで、自由行動日は本島内のキノコ公園巡りへ!
宿泊地の那覇市から北上していくプラン。
まずは那覇市内の「ひまわり公園」。
c0187138_19155713.jpg
茶色の柄(え)に、赤系のカサ+黄色・水色のカラフルドットのキノコシェルター。
写真の奥に見える広場では、ゲートボールを楽しむ姿も。
c0187138_1930386.jpg
テーブルは天板が花のような形になっているのが特徴的(↑写真左)。根元は株状になっている。
囲むように配置されている幼菌スツール(↑写真右)は、白い柄(え)に成菌と同じ配色のカサ。
c0187138_19343100.jpg
ピンク色のえんぴつ型トイレや、広い砂場、ブランコ、ジャングルジムなども設置。
公園入口には、目にも鮮やかなヒマワリのモザイク画もあしらわれていました。

■ひまわり公園
沖縄県那覇市田原3丁目

全国キノコ公園マップ(GoogleMap)
キノコ公園、集めています。ご存じ方はご一報ください(・∀・)
[PR]
# by toyoda_kinoko | 2011-11-02 19:38 | キノコ公園

トヨスノコシカケ

豊洲フロントに生えているキノコを見に行って来ました。
トヨスノコシカケ。そう、豊洲にあるキノコ型の腰掛け(スツール)です。

↓シャフトに生えた紫と黄緑色の、トヨスノコシカケ。
c0187138_14225286.jpg
↓歯車に生えたピンクと水色の、トヨスノコシカケ。
c0187138_14225530.jpg
この作品を手がけたTOSHIO SHIMIZU ART OFFICEによると、コンセプトもとてもキノコ的。
かつて豊洲の地にあった造船工場等で使用されていた産業遺構に宿ったエネルギーを得て、新しく生まれてきたキノコをイメージしたベンチをデザインしました。
産業遺構は豊洲の街の歴史を、そしてキノコの生命力は、豊洲の街の成長性を象徴します。歴史(過去)が育んだ新しい生命(未来)を表現したベンチです。
分解者であるキノコによって、残されたもの(過去)を分解し次のもの(未来)へとつなげていく。
とても素敵な作品だと思います。

↓コンセプトが記されたプレート。
c0187138_14225934.jpg
トヨスノコシカケは、豊洲フロント内のちょっとした広場に設置されています。
c0187138_1423555.jpg
東京メトロ有楽町線・豊洲駅(1a出口)から徒歩3分程度で、トヨスノコシカケに会うことができます。
豊洲に来たら、ちょっと腰掛けて一息ついてみてはいかがでしょうか。
[PR]
# by toyoda_kinoko | 2011-10-14 15:08 | キノコ公園