イナカラ

タグ:キノコ ( 47 ) タグの人気記事

【キノコ公園】おかざき世界子ども美術博物館「妖精の棲む浮かぶ島」

c0187138_14461299.jpg

c0187138_1446843.jpg

c0187138_1446340.jpg

c0187138_14461638.jpg

■おかざき世界子ども美術博物館「妖精の棲む浮かぶ島」
〒444-0005
愛知県岡崎市岡町字鳥居戸1番地1
[PR]
by toyoda_kinoko | 2013-05-07 14:59 | キノコ公園

【キノコ公園】軽井沢銀座パーキング

c0187138_22352184.jpg

■軽井沢銀座パーキング
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢856−1
[PR]
by toyoda_kinoko | 2013-05-02 22:35 | キノコ公園

【キノコ公園】南公園内 交通広場

c0187138_2230213.jpg

c0187138_223034.jpg

c0187138_22333913.jpg

c0187138_22334343.jpg

■南公園内 交通広場
愛知県若松町字萱林1番地1
[PR]
by toyoda_kinoko | 2013-05-02 22:34 | キノコ公園

【キノコ公園】岡谷市営 内山霊園

c0187138_22247100.jpg

c0187138_22253838.jpg

■岡谷市営 内山霊園
〒394-0091
長野県岡谷市内山4769−205
[PR]
by toyoda_kinoko | 2013-05-02 22:26 | キノコ公園

【キノコ公園】そごう横浜店 屋上きのこ

c0187138_22194121.jpg

■そごう横浜店
神奈川県横浜市西区高島2-18-1
[PR]
by toyoda_kinoko | 2013-05-02 22:21 | キノコ公園

ウスタケ

ウスタケ
撮影地:軽井沢(2012/07/16)
c0187138_13552467.jpg

[PR]
by toyoda_kinoko | 2012-07-18 13:55 | キノコ

タンポタケ

タンポタケ
採取地:辰野町 横川渓谷(2012/07/10)
掘り返してみると、1つの土団子から、写真中央のストローマと奥のボケてるストローマの2本が生えていた。
c0187138_2122946.jpg

[PR]
by toyoda_kinoko | 2012-07-17 21:05 | キノコ

軽井沢・Cuisine champignon E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)

先日11月23日は4回目の結婚記念日でした。
今年は恒例の記念日旅行に行けなかったので、美味しいものを食べようということで
軽井沢にあるキノコフレンチレストラン、Cuisine Champigon E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)さんへ。
Twitter経由(!)でキノココースを予約し、キノコたっぷりのフルコースをいただいてきました。
c0187138_21164335.jpg
お料理をいただく前にシェフ自らご挨拶いただき、前日に採れた巨大ヒラタケやムキタケのお話を伺う。

1.写真上段左)アミューズ
冬虫夏草の粉末が乗っているマッシュルームのスープ。ふんわりとポルチーニの風味も。ずっと飲んでいたいスープ!
大きなヒラタケの下には、生ハムのムースと30種類のキノコ入りケークサレ!

2.写真上段右)前菜
鱈の白子とイトヨリの燻製 サラダ仕立て。白子の上に乗っているのがスギエダタケ、お皿にはワタゲナラタケのソテーが散りばめられています。スギエダタケの風味がすごく濃かったのが印象的。

3.写真中段左)キノコのソテー盛り合わせ
手前左から、ナメコ、マイタケ、ササクレヒトヨタケ、ハタケシメジ、バイリング、タモギタケ、中央がサンゴハリタケ。ガーリックの風味と塩加減が絶妙!キノコ毎に風味の違いがハッキリわかるのがおもしろい。散りばめられている松の実も香ばしくて良いアクセント。
キノコ好きには一番うれしい一皿かも。

4.写真中段右)魚料理
ヒラスズキのポワレ、エビとナメコのソース。ムキタケ、ナメコ、サンゴハリタケモドキと。
「サンゴハリタケモドキ」はキノコのソテー盛り合わせにあったサンゴハリタケに見た目が似ているが、風味は全く異なるのがおもしろい。サンゴハリタケモドキの方は苦味があって大人の味。
※サンゴハリタケは広葉樹、モドキの方は針葉樹に発生し、針の長さにも違いがある。

5.写真下段左)肉料理
子羊のロースト、アカヤマドリのソース。お肉がすごく柔らかい…至福。
お肉の下には、ポクポクした百合根とヤマドリタケ(ポルチーニ)の香り高いソテーが!
これ、ふたりともすごく気に入りました。
(周りのキノコ、訊くのを忘れてしまったけどシメジっぽいのと、ハナビラタケっぽいの。←ひどいw)

6.写真下段右)デザート
黒ゴマプリン、ポルチーニと紅玉のアイスクリーム、チョコレートムースの上に紅玉のコンポート、その上にもポルチーニと紅玉の粉末。そして、オレンジ風味のシロキクラゲ。
それらが美しく盛られたプレートには「Souvenire de Mariage」。
お気遣いに感謝するとともに、とてもすてきな結婚記念日になりました!


お料理をいただいた後は、キノコのカーテンコールともいうべきか、
この日にいただいた実物のキノコたちを見せていただきつつ、ご説明をいただきました。
一番最初にいただいたアミューズのヒラタケも、本当に大きなものを見せていただいたり、
キノコの名前の由来や生えているところ、どういう風にお料理すると美味しいなど、いろいろと教えていただきました。

お会計時には、お忙しい中シェフが来てくださり、キノコ談義。
特に印象に残っているのはキノコデザートのお話。
キノコのスイーツは本当にいろいろなバリエーションができるそうで、
エノキタケはイチゴと同じ香り成分を持っているため、スイーツに活かせるとか。
たしかに、市販のエノキタケはイチゴジャムみたいな匂いだと思ってた!この話を聞いてすごく納得。
(そういえば、私が監修した書籍「乙女の玉手箱シリーズ きのこ」もお店に置いてくださっていました。ありがとうございます!><)

また、今年4月にオープンしたエブリコさんですが、今年はキノコにとっては厳しい年になってしまったとのこと。
気候面だけでなく、3月の震災を受けて長野県内でも野生のキノコから放射性物質が検出されてしまったり。
軽井沢周辺では早い段階から、キノコの放射性物質を調べていたそうで現状は問題ありません。
今回は晩秋のキノコをいただきましたが、もっとエブリコさんのいろいろなキノコ料理をいただいてみたいと思いました。
また違う季節の違うキノコをいただくことを心に決め、再訪を誓ったのでした。
ごちそうさまでした。


Cuisine Champigon E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)
〒389-0102
北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6
TEL:0267-42-3033


------------
※お店に許可をいただいて、撮影・ブログ掲載・Twitter掲載しています。
(たくさん撮ってください!と快諾いただきましたw)
特にこういったお店は撮影NGのところもあるので、念のため一言声をかけてからのほうがいいですね。
ストロボはもちろんですが、シャッター音も周りのお客さんのご迷惑になることもありますし…。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2011-11-30 20:06 | 食べ物

【キノコ公園】神奈川・青葉台公園

神奈川県横浜市、青葉台駅からすぐのところにある青葉台公園。
キノコの中に入って遊べる遊具です。
c0187138_20184040.jpg
雨と風が強かったこの日、
そんな天候にもかかわらず、業者さんが草刈りなど公園整備をしていたのが印象的。
c0187138_20184269.jpg
一番大きな赤キノコだけ柄(え)の部分も空洞になっていて、柄の部分からカサの中に入ることができます。
青と茶色のキノコは、カサの穴から中に入れます。
c0187138_20184452.jpg
写真左)青キノコのカサの内部。
写真右)茶色キノコと赤キノコの連結部。カサの裏にヒダはなし。
c0187138_20184621.jpg
キノコが主役と言っても過言ではない、すてきな公園です。

■青葉台公園
神奈川県横浜市青葉区青葉台一丁目

全国キノコ公園マップ(GoogleMap)
キノコ公園、集めています。ご存じ方はご一報ください(・∀・)
[PR]
by toyoda_kinoko | 2011-11-29 20:53 | キノコ公園

【キノコ公園】京都・京都府立植物園 きのこ文庫

先日京都で開催された、きのこアートのグループ展「きのこ学級」へ行った際、
このタイミングで行くしかない!ということで、ずっと行きたかった京都府立植物園へ。
ちょうど祝日、入園無料・温室入館料無料ということもあってか、家族連れなどでかなり賑わっていた。
(通常は入園料・温室入館料がかかる)
そんな、手入れが行き届いている広くて美しい植物園内にあるのが、この「きのこ文庫」である。
c0187138_15271232.jpg
きのこ文庫は、全部で4つ。
柄(え)の部分にある扉を開くと、絵本や図鑑など子供向けの本がぎっしりと詰まっている。
c0187138_15271175.jpg
所蔵書籍は約3,000冊、ベンチに座って自由に閲覧ができる。
付近には遊具も設置されているため、「きのこ文庫」の周囲を子供たちが走り回ったりしている。
人の切れ間を待って撮影するのが大変だなーと思っていたけれど、
たくさんの子供たちの明るい声と、楽しそうに本を選んだり読んでいる様子を見ていたら、
これがこのキノコたちのあるべき姿なのだと、改めて思ったのでした。
c0187138_1625462.jpg
設置されている 4つのきのこ文庫は、それぞれ色や形が違うのもおもしろい。
c0187138_15273370.jpg
柄(え)が円柱型になっているキノコは、カサの裏も凝っている。
ヒダのラインが美しい。
c0187138_15273065.jpg
カサの汚れだって、本を大事に守っている証拠。
c0187138_15271833.jpg
開園当初に植えられた樹齢約90年のクスノキの並木が迎えてくれるとても素敵な植物園。
近くにあったら毎週末でも通ってしまいそう。
園内には、各地で見られる日本の自然が再現されているため、「きのこ文庫」だけでなく実物のキノコも観察できます。
また、毎年10月頃には「きのこ展」を開催されているので、こちらも要チェック。

京都府立植物園
京都府京都市左京区下鴨半木町
9:00〜17:00 (最終入園は16:00)
入園料:大人200円、高校生150円、小中学生80円、温室別途同額

全国キノコ公園マップ(GoogleMap)
キノコ公園、集めています。ご存じ方はご一報ください(・∀・)
[PR]
by toyoda_kinoko | 2011-11-27 15:20 | キノコ公園