イナカラ

タグ:畑 ( 5 ) タグの人気記事

そば畑

信州といえば、蕎麦。
今、蕎麦畑では秋蕎麦の花が咲き始めています。
c0187138_1520579.jpg
秋蕎麦(夏まき)は通常、6月上旬から9月中旬に種を蒔き、8月下旬から12月下旬までに収穫するもの。
蕎麦は収穫までの生育日数が短く、蒔いてから約90日程度で収穫できるそう。
(そのうちの約1ヶ月間、花を咲かせているのだとか。そのため、長期間 花を楽しむことができる。)
c0187138_15201571.jpg
近くで見ると、なかなか可憐な花をしています。
この蕎麦は白い花を咲かせる蕎麦ですが、
箕輪町には、赤蕎麦と呼ばれ、その名の通り赤い花をつける品種「高嶺(たかね)ルビー」を栽培している“赤そばの里”があります。
高嶺ルビーの花は、9月中旬から10月上旬頃に見頃を迎え、
4.2ha(東京ドームほど)の畑が赤い花で埋め尽くされるそうです。
その頃にはイベントも開催されるとのこと。
また一つ楽しみが増えました。

【関連】
箕輪町ホームページ 〜赤そばの里〜
赤そばの里・赤そば花祭り(信州とっておき情報)
高嶺ルビー物語(タカノ株式会社)
↑「高嶺ルビー」は、信州大学の氏原暉男教授とタカノ株式会社が10年かけて作り上げた品種。その開発秘話。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-08-21 16:00 | 植物

二十日大根

本日の畑の様子。
c0187138_18221662.jpg
ちらほらと二十日大根らしい姿が見え出してきました。
まだ小さいけど、立派に“ラディッシュ”の形です。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-05-12 18:25 | 日記

本日の畑の様子

3月29日に蒔いた、野沢菜・時無し大根・二十日大根。
4月になっても霜が降りるなど寒い日があったりで、成長スピードは遅い。
c0187138_14413288.jpg
二十日大根、とうに20日間は過ぎているが、まだまだ収穫にはほど遠い。
というか、我が家は蒔く時期が早すぎるんだと思う。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-05-06 14:48 | 日記

種まき、その後…

先日蒔いた種の、その後。
野沢菜・時無し大根・二十日大根ともに、所々、双葉が出始めました。
c0187138_14465156.jpg
これは、野沢菜の芽。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-04-13 14:49 | 日記

農作業シーズン、到来

長野県上伊那郡も、いよいよ暖かくなってきました。
道端にはオオイヌノフグリやナズナなどの花が瑞々しく咲いています。
2日前の日曜日(3月29日)は、とても良く晴れていましたので、午前中から畑仕事の手伝い。
c0187138_2048310.jpg
写真上の畝から、野沢菜・時無し大根・二十日大根の種まき。
時無し大根は、時期を選ばず栽培できる辛味大根。
二十日大根は、いわゆるラディッシュ。今回はコメットという早蒔きの品種。

二十日大根、本当に20日で収穫できるのだろうか。
とりあえず有無を言わさず、20日経った時点で食ってやろうと思うのです。
[PR]
by toyoda_kinoko | 2009-03-31 20:58 | 日記